顔 イボ 薬

MENU

顔のイボの薬ならこれを使うと間違いなし!

顔のイボの薬で人気のものをまとめました。顔にイボが出来ると早く薬で治したいですね。どんな薬があるのでしょうか?

 

まずは飲み薬があります。ヨクイニンが配合されたものが主流でクラシエという会社からヨクイニンエキスが発売されています。

 

クラシエは漢方薬で有名な会社です。顔のイボに積極的な治療ができない方はこういった薬を使うといいですね。ただし即効性が得られるものではなく、体質改善して顔のイボを作り出しにくい体を目指すにはおすすめです。

 

クラシエのヨクイニンエキス

 

クラシエのヨクイニンエキスにはヨクイニンエキス顆粒とクラシエヨクイニンタブレット、ヨクイノーゲンBC錠があります。

 

ヨクイノーゲンBC錠とヨクイニンエキス顆粒にはヨクイニンがしっかり配合されているので顔のイボを治したい方におすすめの薬です。

 

しかしクラシエヨクイニンタブレットの方はビタミンB2やビタミンCが配合された、顔のイボを治したいというよりも繰り返すニキビや肌荒れのための薬です。

 

オルジェパール

 

西日本製薬からオルジェパールという薬が販売されていて、同じくヨクイニンエキスが配合されています。体の内側から肌の状態を整えることで顔のイボを良くしようという考え方です。

 

イボコロリ内服錠

イボコロリ内服錠もヨクイニンエキスがメインの成分として配合されたイボのための薬です。

 

以上の顔のイボを治したい方に人気の飲み薬をご紹介しました。顔のイボを治すときには塗り薬はほとんど使用できないと考えた方が良いでしょう。だからヨクイニンエキスが入った錠剤を飲む方法がメインになります。

 

あるサイトでイボのための塗り薬が紹介されていました。紫雲膏という名前の薬ですがヨクイニンが配合されていません。

 

また、こちらの薬には顔のイボ治したい方にというような記述はありませんでした。やけど、傷、痔などを対象にした塗り薬です。顔に塗ってはいけないという注意書きはなかったので顔のイボに塗っても良いでしょうが、それほど効果は期待できないでしょう。

 

また顔でなければ使用出来る塗り薬としてはイボコロリがあります。イボコロリには絆創膏タイプと塗り薬タイプがあります。しかし、顔などの皮膚が薄い部分には使うことができないのでくれぐれもご注意ください。

 

こうして見てみると顔のイボの薬で強力な成分が入ったものは使えないことがわかりますね。

 

ヨクイニンには新陳代謝を活性化する働きがあるので、肌の細胞の新陳代謝を活発にし、新しい細胞をどんどん生み出すことで顔のイボを排出する方法しか取れないのです。

 

だから早く顔のイボを取ってしまいたい方は皮膚科に行かないといけません。皮膚科に行くと、レーザーや液体窒素で切除します。また手術用のはさみで顔のイボを切除する皮膚科もあります。

 

イボは自分で治そうと思ってもなかなか治せません。また、ほうっておくともしもウィルス性のイボの場合はどんどん数が増えてしまいますので、できるだけ早く病院に行って顔のイボを切除することをお勧めします。

 

そこできちんと顔のイボのの根っこから切除してもらわないとなかなか治りません。

 

しかし、顔のイボが出来やすい方は体質または、生活習慣からそうなってしまっています。だから皮膚科に行って顔のイボを切除してもらってもしばらく経つとまたできてしまう可能性があるのです。それを防ぐためには普段の生活から顔のイボができにくいような習慣を心がけましょう。

 

そのためにイボ専用の化粧品でお手入れする方法もおすすめです。おすすめの商品をランキングでご紹介しましょう。

 

イボ専用化粧品ランキング

 

クリアポロン

 

今一番売れている今専用の化粧品がクリアポロンというオールインワンジェルです。このジェルには顔のイボに効果的な成分であるヨクイニンがダブルで配合されています。

 

2種類も配合されるイボ専用のジェルはなかなかありません。またそれだけではなく肌の新陳代謝を活性化したり保湿力をアップする成分なども複数の種類配合されています。

 

美容成分が21種類にもなるのです。また化粧品代わりに顔に塗ることができますので、今まで行ってきた化粧水や乳液のお手入れの代わりにこういったイボ専用のジェルを使う方も最近増えています。

 

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣もクリアポロンと同じくオールインワンタイプのジェルです。配合されている成分もクリアポロンと同じです。ただしこちらには2種類のヨクイニンエキスが配合されているわけではなく1種類になります

 

こちらも化粧品代わりに顔のイボのお手入れとして取り入れることができます。これ一つで肌の手入れが終了するのはかなり簡単で継続しやすいですね。

 

 

以上顔のイボの薬とそのためのケアの商品をご紹介しました。顔のイボができてしまうと皮膚科で切除してもらうのにやはり苦痛が伴いますね。できるだけ再発しないように摩擦や紫外線などに注意しながらしっかり保湿をすることで、肌のターンオーバーが低下しないように心がけて日常生活を送りましょう。

 

そうすることで顔のイボが再発する可能性が低くなるかもしれません。